Uncategorized

カラミざかり2話 ネタバレ&感想

【第2話のあらすじは?】

性に興味津々な
思春期の高校生たち。

オ○ニーしている所を見てみたい♪という
女子から男子へのお願い。

「お前がオカズになってしごいてくれんならいいけど」
「・・いいよ」

そして女子はスカートをめくり、、
パンツの中まで見せるという展開に!

【以下、かなりネタバレを含みます】
↓※ネタバレを見ないで本編を見たい方はこちら!↓
101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用

「あんまじろじろ見ないでよ・・恥ずかしいじゃん」

さて、なんで女子高生が

男子にパンツの中身まで

見せる展開になったのか!?

「昨日届いたんだよ」
「オ・○・ホ」

すっかりエロトークにはまっている貴史は

高成にまた爆弾発言をします。

「すっげー気持ちいいよ」
「お前にも使わせてやるよ♪」

「いや・・お前が使ったやつじゃん」

「またエロ話してんのー?」
そんな会話もまたタイミングよく聞きつける智乃

(智乃にはエロトークに対してレーダーがあるのか、
貴史が気になっていつも近くにいるのか・・♡)

ふいに2人きりになる高成と里帆。

「山岸君は夏休みどっかいくの?」

「予備校かな。飯田は?」

「智乃ちゃんと海いこうかって」

これは、高成に誘ってほしいフラグなんでしょうか・・

高成も「あ、じゃあ4人で行かねー?」と

誘いたいけどタイミング悪く誘えず。

(ほんと初々しいですね笑)

水泳の授業では、女子の水着姿で

胸のサイズを予想する貴史。

そんな中、高成の視線は
やっぱり想いを寄せる里帆にくぎ付けです。

そして股間も熱くなり・・
「あ、やべ、たってきた・・」

帰り道で、里帆と一緒の智乃に呼び止められる
貴史と高成。

「ねぇ、オ○ホ見せてよ」

見せないとみんなにばらすよ、と言われて

貴史はしぶしぶ3人を家まで連れていく。

「うわ。やわらか」

本物のオ○ホにテンションが上がってきた智乃は

「ね、使ってみてよ。」と貴史にせまる。

「はぁ?」と当然拒否する貴史。

「こういうのはムスコ元気にならねーと使えないの!」

「まぁ、お前がオカズになってしごいてくれるならいいけど」

冗談のつもりでそそのかす貴史の言葉に

「・・いいよ」とまさかの発言をする智乃!

「おかずってパンツとか見せればいいの?」

そしてスカートをめくり始め・・

「俺がチン○見せるんだからお前も見せろよ」

言われたままに
パンツの中を見せる展開に・・!

2話はいきなり

衝撃のエロ展開になりました!

素直に「見たいー!」といえちゃう姿がなんだかカワイイ笑

「お前がオカズになってしごいてくれんならいいけど」
冗談のつもりで、智乃をそそのかす貴史もまさか
「・・いいよ」
とパンツを見せてくるとは思わなかったでしょう笑

男子高生なら興奮しないわけがない!

ここからどうなるのか・・!?

次回が楽しみすぎる展開です!!

↓無料試し読みはこちらから♪↓

101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用