Uncategorized

カラミざかり 5話(最終話) ネタバレ&感想

【5話のあらすじ】

「そりゃダメだろ・・飯田と貴史がセックスって」

親友に好きな女の子の処女を
目の前で奪われる!?

そのとき高成は・・・

さて、
今回で最終話の「カラミざかり」

タイトルにふさわしく(!?)

性に目覚めた貴史と智乃が
友人2人を巻き込み暴走が止まらない

大コーフンな展開にw

【以下、かなりネタバレを含みます】

↓※ネタバレを見ないで本編を見たい方はこちら!↓
101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用

智乃は高成に自分の胸をもみもみさせて、
積極的にズボンを脱がし始めます・・

気持ちよくなってくる
高成の耳に聞こえてきたのは

「ん・・」
「あっ・・」

くちゅ、くちゅ・・・

貴史が里帆のマン○を
なめまわしている音。

恥ずかしそうに手で顔を覆いながらも
思わず喘ぎ声を漏らし、

抵抗せずに受け入れている里帆。

貴史は智乃のときは
クン○していなかったのに

一度セッ○スをしたからなのか
慣れた様子で攻めています。

「うっ・・」

いつのまにか、

高成のチン○をなめている智乃の姿。

れろれろ、くちゅ、ちゅぶ・・

「フ、フ○ラ・・」

「…エロい」

「気持ちいい?」

上目づかいで聞いてくる智乃に対し

「う、うん」

そう正直に答える高成の後ろでは

「いたっ・・・」

里帆のマン○に、
自分のチン○を
挿入しようとする貴史。

「お、おい・・そりゃダメだろ・・」

「飯田と貴史がセックスって」

そう思っているのに
止めることができない高成。

痛がる里帆のアソコは
処女の為か、かなりきついようです

「あー入った♡」

親友と、好きな女の子が
目の前でセッ○スをしている・・・

その様子にくぎ付けになっている高成!

「新山と感触違う・・」

「2人ともキモチいーけど」

さっきはあんなに初々しかったのに

すっかりセッ○ス熟練した様子の貴史。

「てか山岸、さっきよりギンギンなんだけど」

「・・ね?」

自分の舌使いで
チン○が元気になっていると思い
嬉しそうに高成に話しかける智乃でしたが、

高成の視線は完全に
貴史と里帆にくぎづけ。

「あっあぁっんっんんっ」

感じているのか喘ぎ声を漏らす里帆と

激しく腰を動かす貴史。

「ちょーきもちー」

「飯田のマン○、すげー締め付け・・」

「あっいくっ・・!」

貴史が絶頂を迎え、

はー・・はー・・・

と息を荒くしている里帆と
目が合う高成。

そして、

フ○ラをされていた高成も射精・・

「いっぱいでたね」

目の前でそう微笑むのは、
想いを寄せる里帆ではなく、
女友達の智乃なのでした。

「ただいまー」

すごくいいタイミングで
貴史の母親が帰宅。

「あら、もう帰っちゃうの?」

そそくさと家を出る高成、智乃、里帆の3人。

「あーなんかうまく歩けない。ね、里帆」

帰り道では
同じ経験をした友達に共感を求める智乃。

「じゃ・・また明日」

他に言葉を交わすこともなく、
2人を見送る高成。

里帆を見つめる瞳は寂しげなのでした・・・

今回の話では、
最後までイってしまう

貴史と里帆のセッ○スシーンが

迫力もあり
ものすごくエロかったです・・!

親友に好きな女の子の処女を奪われた高成。

最後に里帆を見つめる表情が切なかったです!!

これは、続編が期待されます♪

公式ページで無料試し読みができます♪

↓是非チェックしてみてください!↓
101045790_BookLiveコミック【AC】カラミざかり※スマホ専用